オレンジみかづき

アラフォー主婦の、妊活日記。

加藤レディスクリニックの初診をキャンセルした話

ここ2年間、子宮頸がん円錐切除、子宮粘膜下筋腫とポリープの切除と、ふたつの手術を乗り越えてきたもので、妊活のいきおいがつきすぎて、一回目の人工授精を行った結果を待たずに、妊活界の最後の砦とされる、加藤レディスクリニックの初診予約を入れてしまいました。

 

妊活をしている話をすると、いろんな人からでてくる「加藤レディスクリニック(略してKLC)」という単語。特に、高齢出産のひとはここにお世話になることが多いらしい。

 

妊活するなら、確実な方法で、ということで旦那さんといきおいで申し込んでみたものの、後からFAQを読んでみると、KLCは体外受精専門なので、人工授精やタイミング指導は行っていないとのこと。

また、「とりあえず検査してもらって、方針を検討しよう」と思っていたけども、カウンセリングだけは受け付けていないとのこと。

それだけ多くの人工授精が必要な人たちが、毎日殺到しているから、その人たちの対応を優先したいとの想いらしい。

おまけに、これはKLCに限ったことではないけれど、人工授精経験者のブログを見ていると、無麻酔での採卵の痛みが半端ないことがわかり、完全に怯んでしまった…。

 

と、いうわけで、ここまでの情報で、まだ人工授精一回の段階でステップアップするべきか、考え直し、キャンセルすることにしました。

参考:加藤レディスクリニック:不妊治療/体外受精 よくある質問

 

ひとまず、年内はいまは人工授精をためしてみることにします☆