オレンジみかづき

アラフォー主婦の、妊活日記。

大学病院から、海の見えるレディースクリニックへ

凍結胚を保管していただいているレディースクリニックにて、移植前のポリープ除去手術の予定を立てたものの、後からキャンセルされてしまったのが、前回までのお話でした。

 

わたしの場合、以前通っていた大学病院で子宮頚がんの円錐切除手術をしていたり、子宮筋腫とポリープを切除した過去があり、病歴含めて情報をもっている大学病院で手術したほうがいいという判断でした。

 

というわけで、紹介状を持って、大学病院に出戻り検診に行ってきました。術前検査として子宮がん検診を行い、かつてお世話になっていた先生と再会することになりました。

ぶっきらぼうでやる気がないと思っていたおじさん先生も、久しぶりに伺うと、少しだけ親身になって優しくなった気がしました。

で、手術の件なのですが、やはり2泊3日で早くて3月末とのお話をいただきました。

 

急いだからできるわけではないと思うけど、貴重な38歳の数カ月を、何もせずに待つことなんてできません。凍結胚もあるし、もっと早くできませんか?とゴネてみたところ、先生から意外なご提案をいただきました。

 

おじさん先生は、金曜日だけ、神奈川県にあるレディースクリニックに勤務しているとのことです。そこでなら、ポリープ手術は日帰りでできるとのこと(!)

神奈川県といっても、海に近い奥まった場所なので、どうかと思いましたが、乗換案内で調べたところ、電車で1時間かからずに行けることが分かりました。

しかも、お話を聞いた日に、そのままレディースクリニックに行けば、週末の金曜日に手術できるとまで言ってくださったのですが、そこは仕事の調整が難しいので1ヶ月見送り、来月末(生理のあと)に行うことになりました。

 

2泊3日を半ば覚悟していたから、それが日帰りになったことで、なんだか、気持ちがとても楽になりました。そもそも、ポリープ手術って、他では日帰りが普通なんですね。

 

大学病院での手術の場合、2泊3日という拘束期間とベッド代問題があるのですが、なにより辛いのは、相部屋の場合、他の婦人科系患者さんと一緒になることです。

大学病院の場合、乳がん卵巣がんなど、重い症状を抱えた患者さんが多いのです。しかも、カーテンで隔てられているだけなので、病状の話とか、泣いている声とか、聞きたくないことまで聞こえてきます。特に、小さな子供のいる母親の乳がん率が高いように感じました。自分の手術のことなんて、ちっぽけなものだと思うと同時に、いろいろと考えさせられるものがありました。

そんな「いつもと違う」精神状態で大学病院の立派な手術室に入るものだから、過去2回の手術前はメソメソしてしまって、看護師さんに慰められながら麻酔を受けました。(気づくと終わってるのですが…)

 

今回、わたしが不妊治療を挫けそうになった原因は、手術そのものや、延期の件ではなく、大学病院2泊3日という点だったようです。

 

結果的に、大学病院ではなく、おじさん先生の属するレディースクリニックでできることになり、本当によかったです。

おじさん先生を信じる気持ちで安定して、前向きになることができました☆

 

というわけで、2月末までは避妊期間でもあるので、今週と来週は飲みの予定を入れました。

久々の焼き鳥とビールを楽しむぞ♪