オレンジみかづき

アラフォー主婦の、妊活日記。

はじめての凍結胚移植

移植、してきました。今回は培養液を先に戻すというオプションをつけたので、移植3日前にも通院がありました。

 

移植3日前

血液検査ののち、培養液の注入。

培養液の注入は内診台で行うので、特に普段と変わらない感じ。管から液を流したみたいで、すぐに、終わる。その後、お尻注射を打ち、おわり。

 

移植当日

予約の一時間前から、子宮収縮を防ぐ薬を飲み始める。また、2〜3時間は尿を貯めてきてくださいねと言われていたので、結局、2時間くらいは貯められたかな。

 

クリニックに着いたらまず、院長先生の問診で、今日の解凍した凍結胚の状態を聞く。

5BAと透明でよい状態ですねと、プリントアウトした紙をもらう。

わたしたちの凍結胚は、少し縦長で、きれいな形をしていた。

 

その後、安静室でパンツを脱いで待機。

お昼すぎで、少しウトウトしながら待っていたところ、名前を呼ばれて施術する部屋へ歩いて向かう。

採卵したのと同じ部屋で、少しだけ恐怖の記憶がよみがえる(笑)

 

中には、先生が顕微鏡の前に座って待っており、そこで、直前の胚の様子を見る。

写真で見たときより丸くなっていた。これが、ポリープをとったわたしの子宮に入るのだ。

 

施術台に上がり、両足を固定され、「お腹にエコー当てますね」の看護師さんの声とともに、おしっこがまんしていた膀胱あたりをギュッと押されて、「うはっ!」と声がもれる。

看護師さんはお構いなしに、エコーのベストポジションを探して、膀胱の上をグイグイする。そんな中、おまたのほうでは、器具を通して、胚を注入。

おそらく5分とかからず終了。

車椅子に載せられて、安静室にもどる。

そこでは、20分程度休んでから待合室に戻るよう言われたけど、居心地も良くて1時間近く休んでたかな。

 

待合室に戻ったら、またお尻注射をして、終わり。

通院1回あるけど、あとは判定日を待つことになりました。

 

いまは、気持ちもなんとなく落ち着いていて、通常の生活をしています。

採卵してからここまでの道のりが長かったので、その間に気持ちも落ち着いたのかな。

考えなくてよいことは、いま気に病むことはないという、気分です。(って、気持ちにバリアしてる感じがある)

 

週末、子連れの友達に会う予定があったけど、やっぱりキャンセルして、こころ落ち着けて過ごそうかな〜。