オレンジみかづき

アラフォー主婦の、妊活日記。

指先をスライスした話

1ヶ月くらい前、家で旦那さんと話をしながら、赤パプリカをスライサーでスライスしていたら、右の薬指の指先の肉をすってしまったΣ(゚Д゚)

直径8ミリくらいの楕円状、厚さは2ミリくらい。

端っこが、かろうじて繋がっている状態Σ( °◇° )

 

指の肉が分離するなんて経験したことないし、痛いし治るか分からないし、絶望の淵にいたけれど、二週間ののち、希望を確信したので、対処法の記録とともに文章に残す。

 

●スライスしたときの状況と止血

話しながら、大して力のかからないパプリカをスライスしてたので、シュッシュッシュッと手早くやっており、思い切り切ってしまった。

それに気づき、まずはキッチンペーパーで患部を押さえ、手を心臓より高い位置に上げた。

〈メモ〉キッチンペーパーで止血したのは◎

ティッシュペーパーだと傷口にカスが残ってしまう可能性がある。

 

●恐る恐る確認&さらに止血

5分位して、恐る恐る傷口を確認。

切り口が鋭利だからか、そんなに血は出ていない。一度、水で流して、さらに止血。

〈メモ〉たまたま家に消毒液がなかったから、水で洗浄したのだけど、これが◎だったみたい。モイストヒーリングの場合、消毒液は浸出液の大事な成分まで殺してしまうのでNG。

 

●モイストヒーリングの絆創膏をはる

10分以上止血していても、血は完全にはとまらなかったため、ある程度のところで、絆創膏。肉が削がれていたため、完全には血は止まらず。

家に、「ケアリーヴ 治す力」という、モイストヒーリングの絆創膏があったので、取れた肉をピタッとくっつけるように、上から固定。サイズ的に微妙だったので、指先で十字にして2枚貼った。

 

●はやく治るように祈る

あとは、ネットで調べても、放っておくしかないようなので、気になりつつ祈る。

ケアリーヴが剥がれてしまわないように、指先にはめる包帯を装着して普段は過ごす。

お風呂に入るときには、サランラップで巻いて、水が入らないように気をつけた。

 

●気になって開けた(3日後)

ケアリーヴの説明書に「2~3日に1回は傷口の様子を確認するように」と書いてあったため、3日後に一度開けてみる。

が、血は止まっているけど、離れた指先はくっついていないので、絆創膏とともに肉も剥がれかける(汗)

匂いをかぐと、なんだか蒸れたおっさんの足みたいな臭がしたので、水で流し、再度、ケアリーヴを貼った。

 

●ひたすらモイスチャー絆創膏と水を避ける日々

それからは、5日間間隔でケアリーヴや傷パワーパッドを張り替える。

また、5日間、粘着力がもつように、水仕事のときは手袋、お風呂のときはサランラップを巻いて保護。

貼替えのときは、水で流して、蒸れたおっさんの足の臭みを流すということを、繰り返す。

 

●3週間くらい経過すると…

削ぎ落とした指先の肉が、元の指の中に埋まるようにくっついてきた(!)

元の指がくっつけた肉を飲み込む感じ。

その上、全体的にはとても薄い肉の膜ができている。

しかも、肉と肉の境目の皮膚の皮が剥けやすくなっており、絆創膏を剥がすときの引っ張りで、傷ぐち以外の皮がピリーっとむける。

 

直感的に、あまり触ったり、刺激を与えてはいけない感じがしたのと、もう湿潤液は出てこないので、モイストヒーリング不要と見なし、今度は、ガーゼ部分の大きな絆創膏で、患部を保護。

また、患部が乾燥していたので、ワセリンも薄く塗った。

 

●5週間で、完治!元通り!

1ヶ月経過では、まだ皮膚が薄い感じがあり、いつもどおり完治したのは5週間くらいたってから。

一度は、肉が削ぎ落とされたのに、くっつき、埋め込まれ、同化して、今や何事もなかったかのように回復しています。

 

これからも、モイスチャーヒーリングの傷パワーパッドとケアリーヴは常備品として、保管しておきます。

 

治す力、ばんざい!!