オレンジみかづき

アラフォー主婦の、妊活日記。

ポリープ切除の日帰り手術

海のある街の病院で、子宮内膜ポリープの切除手術を受けてきました。幸いなことに、術後の痛みも気持ち悪さもなく、眠気だけ残して日帰りで帰ってきました。

前回が、大学病院での2泊3日手術だったので、本来、こんなに簡単なものなのかと、驚きを隠せません。

今後のために、メモを残します。

 

前日21時〜 絶飲食(OS-1を除く)

手術後、麻酔の影響で嘔吐しないよう、前日は21時以降は絶飲食でした。

ただ、事前に渡された経口補水液OS-1はよいとのこと。OS-1は二日酔いを治す目的以外で初めて飲みました(笑)

 

当日10時集合→前処置

まずは内診台で、子宮の入り口を拡げる処置を行いました。

大学病院の経験でここを一番恐れてのですが、内部を消毒して何かをしていることは感じたけど、全然痛くなかったです!

※大学病院のときは、バチン!と肉を挟まれて、しばらくジーーンと痛かったです

 

着替えと点滴

リカバリールームのベッドに通されて、作務衣のようなものに着替えました。

そして、腕の静脈に点滴の針を装着します。

最初、右手首に針をぐいいと入れていたけど、看護師さんに「ごめんねぇ。位置変えるね」と言われ、肘の内側に打ち直し…。

多少痛いけど、振り返ってみるとこの程度の痛みがこの日のクライマックスでした。

 

安静一時間くらい

点滴をした状態で、横になって待ちます。

こんなときに限って私は便意をもよおし…子宮開いてるのに、尻の穴も開いていいものかと思い、看護師さんに尋ね、「いいですよー。だしてきて」と勇気づけられ、手術前に出してきました。

※すみません、余計な報告かもしれませんが、そのときは、出してよいのか不安だったので、メモに残します(笑)

 

11:30 手術室へ移動

歩いて手術室へ移動。

お股を開いて寝転び、両足を固定されます。左腕は血圧計、右手人差し指は酸素量を測るクリップ。

小さな部屋で、頭上からはボサノヴァの音楽が小さな音で流れており、緊張感もそこまでではなかったです。

 

先生がくる→手術開始

手術のあいだ、いい夢をみたいと思い、去年行ったバリ島の海のイメージを思い浮かべていました。

「麻酔しますねー。ゆっくり深呼吸してー。」

という優しい声を聞きながら、入眠していった気分。すると、不思議な夢をみました。

 

自分が「意識」だけになり、白い牛乳寒天のような状態で、SFの世界のようなオレンジ色の洞窟をぷるるん〜と流れていく。途中、曲がったりしながら、薄暗い中を進んできいます。

 

みかづきさんー。終わりましたよー。」

あれ?わたし、流れてるけど何してるんだっけ?これから手術だっけ?足開いてないよー?(感覚ない)…zzzz

 

みかづきさん、深呼吸してー。」

あ、なんか喉が乾いてる。息してるなー。溺れないように流れてかないと…zzzz

 

「せーの、いちにいさん!」

とん!と、ベッドに戻されたところ。

ベッドの上に看護師さんが立ってるなー(という夢)

 

みかづきさん、戻ってきましたよー」

ここで、我に返る。

どこも痛くないし、むしろまったり眠くて心地よい。時間を聞くと、12時頃とのこと。

下腹部も痛くなくて、本当に手術したの?!という感じ。(ポリープ切除だから、自分の「身」は削ってないんですね)

 

術後の安静時間

13時くらいまでぐっすり眠り、起きて水を飲んでトイレに行きました。

その後は、ウトウトしながらケータイを眺めたり。15時になる頃には、暇を持て余して座っていました。

 

術後の内診

止血用のガーゼを取り、消毒してもらいました。一週間くらいは出血があるかもとのこと。

 

問診

切除したポリープを見るか聞かれたけど、お断りしました。4つほど取って、いまはつるつるですよとのこと。

2週間後に検体検査の結果を聞き、次の生理周期から移植に戻ったらどうでしょうとのこと。

 

感想

手術するまでは、大学病院で2泊3日でやっていた手術を日帰りでやるということに、逆に、そんなので大丈夫なのか、不安な気持ちでした。

大学病院だと、他の患者さん(乳がん卵巣がんなど)と同じ病室で病院食を食べ、手術は全身麻酔で人工呼吸器をつけられ、脚も血栓予防ソックスをはいて、運動器具も取り付けられます。点滴も1日以上続きます。

術後も気持ち悪かったり、足先が冷えたり、酸素マスクが取れなかったり、絶対安静で3時間起きられなかったり、すぐにご飯食べさせてもらえなかったり、血栓予防の運動器具で逆に疲れたり(笑)

疲労困憊な2泊3日だったのです。

 

今回は、帰りの時間に旦那さんが迎えに来てくれて、軽食を食べてから、ケーキを買って帰りました。

 

移植に向けて、またひとつ経験して強くなった。ツルツルの子宮で、胚盤胞を迎えます☆